『天水連』 連長の山田です

 初代連長を祖父に持ち、父は2代目連長でした。
平成15年11月に3代目村島連長(現会長)から、
4代目の連長を引き継ぎました。
 3歳の頃から踊り始め、途中、淡路島において
本場「凧踊り」を習得し、」徳島の連では初めて
連員による自前の「凧踊り」を舞台・演舞場で披露しました。 
そして、現在の
「天水連奴踊り」を創り上げました。
 今後、ビジョンをもった「天水連」のリーダーとして、
これからの「阿波踊り」の発展のため、
力を尽くしていきたいと思います。

初代連長、2代目連長とひと踊り 2代目連長と笛でヤットサー